基礎知識

資産とは|個人の資産、2種類をくわしくご紹介【資産一覧表あり】

この記事の内容

保有する資産を把握することは、管理・運用で生活を豊かにするためだけでなく、相続のためにも大切です。しかし「そもそも資産とは何か?」「どんなものを資産というのか?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、個人の資産の種類や各資産の特徴について、くわしく解説します。

資産とは

「資産」とは、現金だけでなく、価値を算出できる財産すべてのこと。たとえば、土地や建物などの不動産、株式などの有価証券も含まれます。

個人の資産にあたるもの

個人の資産は、大きく金融資産と実物資産の2種類に分けられます。それぞれの代表例は、以下のとおりです。

種類

資産

金融資産

現金、預貯金

株式

債券

投資信託

保険

商品券、小切手

その他

実物資産

土地

不動産

自動車

美術品

貴金属

その他

 

金融資産

金融資産とは、目に見える形はないけれど、お金と交換できる価値をもったもののこと。以下に代表例をご紹介します。

現金、預貯金

米ドルやユーロのような外貨も含む現金や、銀行などの金融機関に預けている預貯金は、金融資産にあたります。

お金を預けている金融機関が破綻した場合でも、1,000万円とその利息までは預金保険で保護される仕組みになっています。またわずかではありますが利息がつくメリットもあります。

株式

株式とは、企業が資金調達のために発行するもの。投資家は株式を取得することで、企業の経営に参加する権利や配当を受けとる権利を得ています。

株式自体も、証券取引所を通じて売り買いができます。株式の価格は会社の業績や市場環境によって変動し、買ったときよりも株価が高いときに売れば売却益が得られます。しかし企業の経営が傾いたり、景気が悪くなったりしたときには株価が下がり、損失を抱えるリスクがあります。

債券

債券とは、国や企業が資金調達のために発行するものです。
株式とは違い、債券をもっているからといって経営に参加することはできず、配当も受けとれません。債券を取得した人は、クーポンと呼ばれる利子を定期的に受けとり、満期には元本の返済を受けます。

国が発行した債券を国債、企業が発行した債券を社債と呼びます。とくに国債は、国が破綻しないかぎりは確実に返済されるもので、株式よりもリスクが小さく、安心してもっていられる金融資産です。

投資信託

投資信託とは、複数の投資家から集めたお金を、専門家が代表して運用する金融商品です。利用する投資信託を決めた後は、運用や管理をプロに任せる仕組み。

ただしプロが運用するとはいっても必ず資産が増えるわけではなく、損をする可能性があることはおさえておきましょう。

保険

保険商品のなかでも、払戻金や満期金が受けとれる種類の保険は金融資産にあたります。また生命保険の保険料を支払っていると「生命保険料控除」の対象になり、一定の金額が所得額から差し引かれるので、節税効果があるのも特徴です。

将来、払い込んだ保険料よりも多くの金額を受けとれる商品もありますが、途中で解約すると、払い込んだ保険料より少ない金額しか受けとれないケースが多いため注意が必要です。

一方、おなじ保険でも掛け捨て保険は資産としての価値はありません。

商品券、小切手

現金とおなじような使い方ができる商品券や、株式や債券とおなじように有価証券とされている小切手も、金融資産にあてはまります。

その他

ビットコインなどの仮想通貨は暗号資産と呼ばれ、現金と交換できることから金融資産のひとつとみなされています。

仮想通貨は株式とおなじく価格が変動し、その変動の幅は株式よりも大きくなっています。そのため大きな利益を出す可能性があると同時に、大きな損失を出す場合もあるので、注意が必要です。

実物資産

実物資産とは、土地や建物、自動車などのように物体として形があり、それ自体に価値がある財産を指します。具体例をご紹介します。

土地

土地は建物と異なり、時間の経過によって価値が変化しません。また駐車場や借地として第三者に貸し出せば、賃料収入を得ることもできます。土地の値段である「地価」は、経済の状況や土地開発などによって変動します。

インフレ対策にもなるので、資産価値を維持しやすい資産です。

建物

売却して現金にできるマイホームや投資用のマンションなども、実物資産にあたります。ただし建物は時が経つにつれて劣化していき、築年数が古い物件は資産としての価値がわずかしかつかないことも多いので注意してください。

自動車

売却して現金化できる自動車も、実物資産となります。年式や走行距離、修理歴などが売却価格に影響しますが、人気の車種であれば古いものでも価格はあまり下がりません。

美術品

美術品は、不動産や自動車と違って時間が経っても価値が下がりにくく、作者の評価が見直されて大きく値上がりする可能性もあります。そのため個人の趣味としてだけでなく、投資目的で美術品を所有する人も多くなっています。

ただし、贋作も多く出まわっているので、投資目的で入手したいときは気をつけましょう。

貴金属

金銀やプラチナなどの貴金属は、換金しやすい実物資産です。とくに金は通貨として利用されてきた歴史があり、価値が維持されやすいもの。「有事の金」と呼ばれるほど、信頼が得られている資産です。

その他

ほかにも、以下のようなものが実物資産にあてはまります。

  • アンティークコイン
  • ワイン
  • ゴルフ会員権


これらはもっている人こそ少ないですが、購入時よりも高額で売却できるものもあり、市場で盛んに取引されています。

資産について考えておきたいこと

資産の種類を把握できたら、次に保有資産とその評価額を書き出してみましょう。その際に負債があれば、負債の額を確認します。

そして、資産や負債を将来だれにどのように引き継ぐのか考えておくことが大切です。

資産と負債のバランス

資産は現金と、現金に換金できるすべての財産で、負債は借金のことです。相続では、資産だけでなく負債も引き継がれます。

また、「純資産」も計算してみましょう。純資産とは、資産額から負債額を引いた金額のこと。実質的な相続財産の評価額となります。

[資産の計算について、くわしく知りたい方はこちら]

相続の準備

金融資産も実物資産も、相続の対象になります。相続が発生したときには、もっている財産をすべて特定したうえで分割する必要があるので、準備として財産の評価額を把握し、だれにどのように引き継いでいくのかを考えておくとよいでしょう。

[資産の洗い出しについて、くわしく知りたい方はこちら]

まとめ

資産は、現金や有価証券などの「金融資産」と、不動産や美術品などの「実物資産」の2種類に分けられます。

いざというときに困らないように、まずは自分や家族のもっている資産を正しく把握して管理することから始めてみましょう。


(執筆編集:NTTファイナンス 楽クラライフノート お金と終活の情報サイト編集部 情報は2020年10月27日時点のものです。)

この記事を監修した人
高橋 忠寛

株式会社リンクマネーコンサルティング代表取締役
上智大学経済学部経済学科卒業。東京三菱銀行(現在の三菱UFJ銀行)、シティバンク銀行での10年超の銀行勤務を経て、2014年9月に独立。

金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。

CFP®、日本証券アナリスト協会検定会員。著書に『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)などがある。

http://link-money.co.jp/

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート

Page Top