コラム

【通夜・お葬式の前に必読】香典のマナー基本のき

この記事の内容

お通夜、お葬式の際には、遺族から断られない限り通常は香典を持参します。お葬式を開くには金銭的な負担がかかります。そのため遺族の負担をすこしでも減らしたいとの心配りから、香典を贈ることが習慣になりました。ただ、身内のお通夜やお葬式はそう頻繁にあるわけではありません。それ以上に身内の不幸は、できるだけ考えたくないことだと思います。そのため香典のマナーについて知る機会がないという人もいるのではないでしょうか。この記事では香典にまつわるマナーについて解説します。

香典とは

香典とは、故人に供えられる金品のことです。「金品」なので必ずしもお金である必要はありません。しかし、ほかの品物に交換できる利便性からお金を包むのが一般的です。なお、香典はもともとお香(お線香)を仏前に備えるという意味で、現在の香典の名前の由来になっています。

香典のマナー

香典を贈る際にはマナーがあります。贈り方を気をつけなければ失礼となってしまうケースもあります。たとえば香典の相場、正しい包み方、香典袋の書き方、渡し方など実際に贈る際にどうすればよいのか迷うこともあるのではないでしょうか。香典を贈る際に知っておきたいマナーをご紹介します。

香典の相場

生前の故人との関係や香典を贈る側の人の年齢によって相場は変わります。一般的に両親ならば3万~10万円、兄弟姉妹なら3万~5万円、祖父母なら1万~5万円、叔父叔母なら1万~3万円、友人や知人なら5,000〜1万円ほどです。

くわしくはこちら

包むお金は新札を避ける

香典で包むお金は原則、古いお札です。新札はなるべく避けましょう。新札を用意する方が丁寧だと思う方もいるかもしれませんが、新札を贈ると「不幸が起こるのを待っていた」と受け取られてしまいます。どうしても新札しか用意できない場合は、お札に折り目をつけて包みましょう。

香典を袱紗に包む

香典袋は袱紗(ふくさ)に包むのがマナーです。袱紗とは金品を包むために使う方形の布のことです。一般的に販売されている袱紗は台座付きで折り目がついた状態で販売されています。金品を台座に置いて折り目に沿って包みます。注意しなければいけないのは、台座の色を慶事と弔事で変えなければいけないところです。慶事なら赤、弔事なら深緑と用途に応じて色を合わせる必要があります。

香典袋の書き方

香典袋の書き方にもマナーがあります。まず書くときに使うペンは薄墨筆ペンを使います。悲しみの涙で文字が滲んでいることを表現するためです。

香典袋で文字を書くところは表書き、中袋の表面、中袋の裏面の3つです。表書きの上段には宗教や宗派に応じてたとえば仏教なら「御霊前」「御佛前」などの表書きを記載します。キリスト教なら「御花料」、神道なら「御神前」など書き方が変わります。

表書き下段には自分の名前を書きます。夫婦連名で出す場合や代理で出す場合は書き方が変わるため事前に確認が必要です。

中袋表面には包んだ金額を縦書き、旧漢字で記入します。金額の前は「金」、最後は「圓」または「圓也」と記載します。たとえば3万円なら「金参萬圓也」と縦書きで書きます。

くわしくはこちら

香典の渡し方

香典の渡し方にもマナーがあります。通夜、お葬式に参列する場合、香典を受付で渡します。まず受付係の指示に従って芳名帳に記帳してから、「この度はご愁傷様です」などとひと言を添えて、袱紗から香典袋を取り出してください。そして、受付にお盆がある場合はそこに香典袋を乗せます。お盆がない場合は袱紗をお盆代わりにします。渡す際には香典袋の表面を出し文字を相手(受付係)が読めるようにして、両手で渡してください。

香典に関するギモン

香典の包み方や渡し方以外にも気をつけなければいけないことがあります。たとえば家族葬の場合は香典を贈ってもよいのか、香典の受け取りを断られたらどうするべきか、通夜と告別式で2回香典を贈る必要があるのかなど多くの方が疑問に感じるところを解説します。

家族葬の場合、香典を贈ってもよい?

家族がお葬式に来る人を限定し少人数で開くお葬式を家族葬といいます。家族葬に呼ばれた場合は香典を用意しておくべきなのでしょうか。「香典不要」などの案内がない限りは、念のため香典を用意しておきましょう。家族葬でも香典を用意しておくことは、ただちに失礼にはあたりません。

もし香典の受け取りを断られたら?

香典を持参したのに受け取りを断られた場合は、どのように対応すればよいのでしょうか。基本的には遺族の考えを尊重し贈るのを控えるべきです。一方で、通夜・お葬式に参列する人の弔う気持ちを尊重する考え方もあります。どうしても何かを贈りたい場合は、遺族と相談して承諾を得て、あらためて自宅や斎場に金品を贈りましょう。

通夜も告別式も両方参列する場合は、2回香典を贈る?

通夜も告別式も両方参列する場合、香典は片方だけ贈れば問題ありません。じつは香典を複数回、贈るほうがマナー違反です。これは回数を重ねて香典を贈ることが「不幸が重なる」を連想してしまうためです。もし、通夜で香典を贈った場合は、告別式の受付で「お香典はすでにお供えしました」などと伝えれば大丈夫です。

通夜も告別式も出られない場合は、香典を郵送してよい?

通夜にも告別式にも出られず香典を持参できない場合、香典を郵送してもよいのか迷うのではないでしょうか。通夜・お葬式には参列できないが香典は贈りたいという場合、お金を香典袋に包み、さらに香典袋を現金書留の封筒に入れて郵送するのが一般的です。

香典を郵送する場合は手紙を添えるとより丁寧な印象になります。通夜・告別式まで時間的な余裕がある場合は式場へ、時間がない場合は自宅へ郵送しましょう。

香典返しの相場はどれぐらい?

香典返しの相場は、香典の3分の1から半分程度が一般的です。たとえば1万円の香典をいただいた場合は5,000円程度のお返しが目安です。ただし高額な香典を頂いた場合は、贈った側が遺族への支援を意図している場合もあるため3分の1から4分の1程度をお返しするとよいでしょう。

またお通夜、お葬式の当日にお返しする当日返しの場合は香典の額に関係なく全ての人に同じ品物を渡すのが一般的です。高額な香典で用意した返礼品が不十分なら、忌明け後に改めて返礼品を贈るのがよいでしょう。その返礼品は香典の半額から当日、渡した品物の額を差し引いた額が目安になります。

くわしくはこちら

まとめ

「新札を贈ってはいけない」「2回以上贈ってはいけない」など、香典にはさまざまなマナーがあるのをご理解いただけたのではないでしょうか。ただ、マナーを守るのはもちろん大切ですが、故人を弔う気持ちをきちんともつことがとても重要です。

香典は故人のお葬式にかかる費用負担だけでなく、故人への弔意も含まれるからです。香典を渡して終わりではなく、通夜・お葬式の際は故人へ思いを馳せてみてください。

「ライフノート」ではこのほかにも香典に関する記事を配信していますので、あわせて読んでみてくださいね。


(執筆編集:NTTファイナンス ライフノート編集部 情報は2021年8月17日時点のものです。)

この記事を監修した人
株式会社セレモア

株式会社セレモアは首都圏全域で事業展開を行っており、約2,500団体の官公庁、企業と福利厚生の契約をさせていただいております。
NTTグループへお勤めの方とそのご家族の皆様にはお花・介護用品・患者移送・お仏壇・お葬儀のことまで各種サービスを経済的にご利用いただくことが出来ます。

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート