基礎知識

香典袋へのお金の入れ方は?袋タイプごとの正しいマナーで香典を持参しよう

この記事の内容

お通夜やお葬式の際にお供えする、香典。香典袋へのお金の入れ方、包み方にマナーがあるのをご存じでしょうか?

香典袋にお金を入れるときには、お札の向きや袋の閉じ方に決まりがあるのです。香典袋には外袋と中袋があり、基本的には中袋にお札を入れます、しかし地域によっては、外袋にお札を入れてお供えするなど、袋のタイプによって入れ方に違いがあります。この記事では、そんな香典袋に関するマナーを紹介します。

香典袋へのお札の入れ方

まずは、香典袋へのお札の入れ方の基本的なマナーについて解説します。「えっ、そんな細かいマナーがあるの?」と思われるかもしれませんが、基本さえおさえれば難しいことはありませんので、ぜひご覧ください。

お札の裏側が香典袋の表を向くように入れる

お札の裏が香典袋の表側になるように入れましょう 香典袋の表面、つまり「御霊前」や「御佛前」と書かれる面に対して、お札の裏側(1万円札ならば鳳凰、つまり鳥の絵が描かれた面)を表に向けます。なぜかというと、お札の表側には人の肖像が描かれていますよね(2000円札を除く)。その人の顔が裏を向けることが「顔を伏せる」のを連想させ、弔意を示すのを意味するからです。

また、お札には「上下」もあります。人物の肖像画が描かれているほうが下ですので、肖像画が袋の下にくるようにお札を入れましょう。なお、地域によっては肖像画が上という場合もあるので、あまりなじみのない地域でのお通夜・お葬式に参列する場合は、注意が必要です。

新札を入れてはいけない

折り目のついたお札を包みましょう 香典袋に新札を入れるのはNGです。お札を受け取るならば新札のほうが気持ちがよいですし、現に結婚式などでは新札でご祝儀を贈るのがマナーとなっていますよね。しかし、お通夜やお葬式の際にお供えする香典においては、新札をお供えすると「不幸が起こるのを待っていた」と受け止められてしまうため、古いお札を包むのがマナーです。

ただ、いくら古いお札がよいといっても、あまりにもしわだらけのお札を包んでしまうのはマナー違反となってしまいます。折り目がついている程度のお札を包むのがよいといえるでしょう。また、どうしても新札しか用意できない場合は、折り目を入れて新札に見せない方法があります。

香典袋のタイプごとのマナー

香典袋には、主に「中袋があるもの」「中袋がないもの」の2種類に大別できます。それぞれのタイプのマナーを見ていきましょう。

中袋がある場合のマナー

お札の裏側が香典袋の表になるように入れましょう  比較的一般的な香典袋といえるのが、この中袋があるタイプのものです。上述のように、新札ではないお札の裏側が表に向くように中袋へ入れましょう。中袋の金額などの書き方は「はじめての人でも必ずできる香典袋の書き方」の記事を参照してください。

また中袋ではなく、中包み(奉書紙)があるタイプのものもあります。お札を奉書紙に包んで、お供えします。このタイプの場合も、お札の裏側が表を向くように紙の上に置きます。

ちなみに中包みは、奉書紙のザラザラした面が裏側です(つまり、ザラザラした面がお札と直接触れる)。基本的には折り目がついた状態で販売されているので、その折り目に沿って折っていけば問題ありませんよ。

 中袋がない場合のマナー

お札の裏側が、外袋の表になるように入れましょう

地域によっては、中袋を入れないケースがあります。なぜかというと、中袋と外袋があることで、「不幸が重なる」のを連想してしまうためです。


中袋がない場合は、お札を直接、「御霊前」「御佛前」などと書かれる外袋へ入れます。この場合も、新札ではないお札の裏側が表に向くように外袋へ入れましょう。外袋の金額などの書き方は、「はじめての人でも必ずできる香典袋の書き方」の記事を参照してください。

外袋の閉じ方

上側の折り返しが上にくるように折りましょう

外袋の裏側を見ると、上下に折り返しがついていますよね。外袋を閉じるには、上側の折り返しが上にくるように折りましょう。これには、涙がたまらないように、という意味があります。

失礼がないように香典をお供えしよう

お札の入れ方にもマナーがあるの?と思った方もいるかもしれませんが、基本は新札を包まず、お札の裏側が香典袋の表を向くように入れる、です。それを覚えて中袋や中包み、あるいは外袋に直接包んでいけばよいので、決して難しい作法ではありません。

「ライフノート」ではこのほかにも香典に関する記事を配信しています。お金の入れ方と併せてぜひチェックしていただき、香典のマナーをマスターしてくださいね。

香典についてくわしく知りたい方はこちら


終活アプリ『楽クラライフノート』には、「自分のこと」のなかに「葬儀・お墓について」を書き残せる機能があります。ここでは、自分のお葬式をどのようにしたいか、希望する予算や葬儀社などを記録できますので、終活について考えるようになったらぜひ活用してくださいね。


(執筆編集:NTTファイナンス ライフノート編集部 情報は2021年9月9日時点のものです。)

この記事を監修した人
株式会社セレモア

株式会社セレモアは首都圏全域で事業展開を行っており、約2,500団体の官公庁、企業と福利厚生の契約をさせていただいております。
NTTグループへお勤めの方とそのご家族の皆様にはお花・介護用品・患者移送・お仏壇・お葬儀のことまで各種サービスを経済的にご利用いただくことが出来ます。

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート