コラム

はじめての人でも必ずできる香典袋の書き方

この記事の内容

香典のマナーの記事で解説したように、香典の渡し方にはさまざまなマナーがあります。それと同様に気をつけたいのが、香典袋(不祝儀袋ともいいます)の書き方です。実は香典袋の書き方は一律に同じというわけではありません。宗教・宗派によって書き方が異なります。ほかにも水引の上の名目や金額など書き方のポイントがあります。しかし、ひとつひとつ丁寧にポイントをおさえれば、はじめての人でも正しく書くことができます。ここでは香典袋の書き方について解説していきます。

外袋の書き方

外袋の水引の上に何を書くかは、宗教や宗派によって異なります。また、個人で香典を贈る以外にも会社、連名、夫婦で贈ることもあります。誰の名前をどこに書けばよいのか迷いやすいところです。水引の上部の書き方、名前の書き方のポイントをひとつずつ確認していきましょう。

水引の上部の書き方

水引の上部には仏教なら宗派や時期によって書き方が変わります。宗教や宗派によって「御霊前」、「御佛前」、「御玉串料」、「御花料」など書き方もさまざまです。

浄土真宗・曹洞宗の場合

浄土真宗・曹洞宗の場合は「御佛前」と書きます。また宗派がわからない場合に使える「御香典」や「御香料」も使えます。

浄土真宗には「霊」という考え方がありません。曹洞宗でも、故人は亡くなった直後に浄土に導かれて仏となるため、成仏以前の霊という考え方がありません。そのため浄土真宗や曹洞宗では「御霊前」と書くのはマナー違反になります。

上記以外の仏教の場合

浄土真宗・曹洞宗以外の仏教の場合は四十九日を境に書き方が変わります。四十九日以前なら「御霊前」、四十九日以降は「御佛前」と書きます。これは四十九日間の修行を経て霊が仏に変わるとの宗教的な考え方によるものです。また「御香典」や「御香料」なら宗派、時期に関係なく使えます。

神道の場合

神道のお葬式の香典では、水引の上に「御玉串料」「御榊料」「御神饌料(おんしんせんりょう)」と書きます。仏教で使える「御香典」や「御霊前」、「御佛前」などは使いません。

キリスト教の場合

キリスト教のお葬式の香典ではカトリックとプロテスタントで書き方が異なります。カトリックの場合、表書きには「御花料」「御ミサ料」と書きます。一方、プロテスタントの場合は「御花料」「忌慰料」と書きます。

無宗教の場合

無宗教の場合、とくに決まった表書きはありません。ただ一般的には「御霊前」、「御香典」、「御花料」などと書きます。

名前の書き方

外袋の水引の下には名前を書きます。香典は個人で贈るとは限りません。たとえば連名、夫婦、会社の名義で贈ることもあります。個人の場合、連名の場合など、それぞれの名前の書き方を確認しましょう。

個人の場合

個人で香典を贈る場合、名前をフルネームで真ん中に書きます。

連名の場合

2,3名の場合は目上の人のフルネームが真ん中になるように、ほかの人は目上の人の左側にフルネームで書きます。人数が多く書ききれない場合は代表者のフルネームを真ん中に書き、その左に「外◯名」「外一同」という書き方にします。

夫婦連名の場合

夫婦ともに故人と縁が深かった場合は連名で香典を贈ることもあります。連名で書く際は、夫のフルネームを真ん中に書き、その左に妻の下の名前を書きます。結婚報告していない場合は、旧姓を併記してもかまいません。また、連名にせずに夫の名前だけを書くこともあります。

会社で出す場合

会社として香典を贈る場合は、真ん中に代表者(社長)のフルネーム、その右に会社名を書きます。部署単位で出す場合は、「〜〜株式会社◯◯部一同」と真ん中に書きます。

中袋の書き方

中袋には包んだ金額や住所などを書きます。中袋に書く際に気をつけるポイントは3つあります。

  • 中袋を入れない地域がある
  • 表に包んだ金額を「金◯圓也」と書く
  • 裏側に住所、氏名を書く

それぞれ、くわしく見ていきましょう。

中袋を入れない地域もある

地域によっては、不幸が重なる(外袋と中袋が重なる)ことを連想して中袋なしで香典を出す場合があります。

馴染みのない地方のお葬式に参列する場合は事前に、ほかに参列する人に確認をしたほうがよいでしょう。中袋がない場合は、外袋の裏側に住所と金額を書きます。書き方は下記を参照してください。

表面の書き方

中袋の表面には包んだ金額を「金◯圓也」という形で書きます。数字の部分は一般的な漢数字やアラビア数字で書いても失礼ではありません。しかし、大字(旧漢字)で書くほうがより丁寧です。

大字の書き方は以下の通りです。

1…壱 

2…弐 

3…参

4…伍

6…六

7…七

8…八

10…拾

1000…仟もしくは阡

万…萬

円…円もしくは圓

例えば包むのが1万円なら「金壱萬圓也」と書きます。

裏面の書き方

中袋の裏面には郵便の封筒を出すときと同様に、裏側の左下に郵便番号、住所、名前を書きます。住所を書くのは、遺族が香典返しを後から贈る場合や喪中はがきを出す際に必要になるからです。

香典袋に筆を入れるときのポイント

香典袋に筆を入れるときにはいくつかの注意点があります。

手書きで書く

基本的には手書きで書くのが一般的です。香典袋の名前を印刷することが、明らかなマナー違反というわけではありません。しかし、世代や地域によって考え方に違いがあり印刷に肯定的ではない人もいるかもしれません。

手書きなら遺族が香典を受けとったときの心象を気にせずに香典を渡せます。

薄墨の筆ペンで書く

外袋は薄墨の黒ペンで書くことが望ましいとされています。理由は薄墨に「硯に涙が落ちて墨が薄くにじんでしまった」という意味があるからです。ほかの方がマナー通りに薄墨で書いている中でボールペンやサインペンで書いてしまうと悪い意味で目立ってしまいます。ただ、字を書く力が弱ってしまいうまく書けないなどの理由がある場合は香典袋に印字することもあります。中袋は黒インクペンで書いても問題ありません。

まずはお葬式の形式を確認しよう

宗教宗派によって香典袋の書き方は異なります。そのため、お葬式などに参列し香典を贈る場合は、まずどんな形式でおこなわれるか確認したほうがよいでしょう。

また、中袋の例に見られるように、地域によってもお葬式の形式は大きく変わる場合があります。あまり馴染みのない地域のお葬式などに参列するなら、ともに参列する人に作法を事前に聞いておくことも必要です。

一方で、香典袋の書き方のマナーは基本的なことさえ覚えれば、次のお葬式などの機会にもいかせます。あれこれ悩むよりも、まずは香典の基本的なマナーを学びながら香典袋に筆を入れてみてはいかがでしょうか。


(執筆編集:NTTファイナンス ライフノート編集部 情報は2021年8月17日時点のものです。)

この記事を監修した人
株式会社セレモア

株式会社セレモアは首都圏全域で事業展開を行っており、約2,500団体の官公庁、企業と福利厚生の契約をさせていただいております。
NTTグループへお勤めの方とそのご家族の皆様にはお花・介護用品・患者移送・お仏壇・お葬儀のことまで各種サービスを経済的にご利用いただくことが出来ます。

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート