基礎知識

墓じまいのやり方とは?|準備物や費用、注意点までくわしく解説!

この記事の内容

人々のライフスタイルの変化にあわせて、お墓との付きあい方も変化しています。

お墓を撤去してさら地に戻す「墓じまい」をおこなう場合、納骨していたお骨をどうするか決める必要があります。改葬(ほかの墓所に移す)する場合は、行政手続きやその前後におこなうべきことがたくさんあります。

こちらの記事では、墓じまいを決意したら準備すべきことから実際の手続きとそのあとの流れを解説。さらに墓じまいにかかる費用や注意点までくわしくご紹介します。

墓じまいとは

墓じまいとは、お墓を撤去してさら地に戻し、墓所の使用権を返すこと。

就職や結婚を機にふるさとを離れてお墓と住まいが離れてしまったり、高齢になってお墓参りが難しくなったり、また単独世帯や夫婦のみの世帯でお墓を引き継ぐ人がいなかったり……。

家族のあり方やライフスタイルなどの変化によって、お墓を維持しつづけることが難しい場合に、墓じまいを検討する人が増えています。

[墓じまいについてくわしく知りたい方はこちら]

墓じまいをする前に準備すること

お墓は故人の魂が眠る場所であり、家族みんなの心のよりどころでもあるため、墓じまいをおこなう前に準備すべきことがあります。

墓じまい後の供養方法や改葬先の検討

墓じまいをしたあと、埋葬されていた遺骨は以下のどちらかの方法で改葬して供養します。

  • お寺の永代供養墓に移す

  • 新しいお墓に移す


新しいお墓への遺骨のおさめ方のスタイルは外墓、納骨堂、樹木葬などさまざま。それぞれにメリット・デメリットがあるため、比較検討しながら自分や家族のスタイルにあった方法を選びましょう。

[墓じまいのあとの遺骨についてくわしく知りたい方はこちら]

名義人や親族との相談

お墓はだれかひとりだけのものではないため、墓じまいを決断する前に周りの人とよく相談するようにしましょう。とくに、いまお墓参りに足しげく通っている親戚がいる場合、勝手に進めてしまうとトラブルになりかねません。

手続きにかかる手間や費用のことも考えて、事前の相談と準備を丁寧におこないましょう。

[墓じまいをする前に考えたいことについてくわしく知りたい方はこちら]

現在の管理者やお寺への相談

いまの墓地の管理者には、墓じまいの手続きをおこなうときに署名捺印をしてもらう必要があります。そのため墓じまいを検討しはじめたら、民間、公営を問わず霊園の場合は管理事務所、共同墓地の場合は管理者の方に相談をして、事前に了承を得ておくようにしましょう。

とくにお寺にお墓があって墓じまいをすることは、檀家をやめることを意味するため、トラブルにならないよう丁寧に相談することが大切です。

【遺骨を自宅保管や散骨したいときは】

遺骨を移動する先がほかのお墓や納骨堂ではない場合、法律(墓埋法 第2条、第5条)では「許可が必要ない」と解釈することもできます。

ただし墓所のある市区町村によっては、自宅保管や散骨の場合でも改葬許可申請を必要とすることがあるため、まずは一度市区町村役所(場)の窓口で問いあわせてみることをおすすめします。

墓石解体業者の検討

墓石の解体をおこなう石材店を検討します。
民間霊園や一部のお寺などで指定の業者が決まっている場合は、墓じまいの相談をしたときに紹介してもらいます。

指定の業者がない場合は自分で決定する必要があるため、墓地の近くにある石材店のいくつかから見積もりをとって比較検討することをおすすめします。

遺骨の確認

いまのお墓に埋葬されている遺骨が何体あり、破損しているのか、火葬がおこなわれているのか、などを確認しておきましょう。石材店へ解体撤去の見積もりをとるための現地調査していただく際に、いっしょに確認してもらうとスムーズでしょう。遺骨が複数ある場合などに、改葬許可申請の手続きで必要になる情報です。

またもし年月の経過によって遺骨がすこしも見つからない場合は、代わりにお墓があった場所から一握りの土をいただくこともあります。この場合、改葬許可の手続きは必要ありません。

改葬の手続き〜6ステップでやること〜

親族や管理者と相談し、実際に墓じまいをして遺骨をほかの墓所に移すことを決めたら、さまざまな行政手続きをおこなう必要があります。改葬にあたり必要なことを6つのステップで解説します。

1.  改葬許可申請書(埋葬証明書)を入手する

いまのお墓がある地域の市区町村役所(場)の窓口、もしくはホームページから改葬許可申請書(埋葬証明書)を取得し、必要事項の記入と捺印をします。書類の様式は各自治体によって異なりますが、主に記載をするのは以下の内容です。

  • 死亡者の本籍、住所

  • 死亡者の氏名、性別

  • 死亡年月日

  • 改葬の理由

  • 改葬先


死亡者の情報が不明な場合は、記入欄に不明と記載してもかまいません。また複数のお骨が骨壺に入っておらず、死亡者を特定できない場合は、先祖代々で申請することもできます。

基本的には改葬先の墓所を記載する必要があるため、新しい墓所の契約を済ませてから申請をおこなうようにしましょう。

2.  現在の管理者の署名捺印をもらう

いまのお墓の管理者から改葬許可申請書の埋蔵証明欄に署名・捺印をしてもらいます。

3.  改葬先から永代使用許可証の発行を受ける

新しい墓地の使用権を取得し、永代使用許可証を発行してもらいます。

【現在の管理者がわからないときは】

共同墓地の場合、親族などに確認しても現在のお墓の管理者がわからないときは、市区町村役所(場)に問いあわせてみましょう。市区町村役所(場)で管理している墓地台帳に、管理者が記載されている場合があります。

4.  身分証明書の写しとあわせて市区町村役所(場)へ提出する

改葬許可申請書(埋葬証明書)、永代使用許可証がそろったら、申請者の身分証明書の写しとあわせて、いまのお墓がある市区町村役所(場)に提出します。

【お墓が遠方にあるときは】

いま住んでいるところとお墓がある場所が離れていて、市区町村役所(場)を訪れることが難しい場合は、郵送での申請でも可能な場合が多いため、事前に問い合わせてみてください。

5.  改葬許可証の発行を受ける

4のステップで必要書類を不備なく提出すると、改葬許可証を発行してもらうことができます。許可証の発行には時間がかかることもあるため、なるべく早めに書類の準備を進めるようにしましょう。

【土葬のお墓を改葬したいときは】

土葬されていた遺骨を移動させる場合、新たに火葬が必要になる場合があります。火葬には火葬許可が必要なため、改葬許可を申請するときに火葬を希望する旨をあわせて伝え、費用を支払います。


改葬の手続き後の流れ

行政手続きをおこなって、無事改葬許可証の発行を受けることができたら、3つのやるべきことがあります。

閉眼法要をおこなう

墓石には故人やご先祖さまの魂が宿っているため、そのまま動かしたりせずに「閉眼供養」という法要をおこなうのが一般的です。仏様の魂を抜いて墓石をただの「石」にするために、お寺の方にお経を唱えてもらいます。

お線香やローソク、お供えものをはじめ、いくつかの準備物が必要な場合もあるため、依頼する際にお寺の方に何を用意すべきか確認しておくと安心です。

解体工事をおこなう

石材店などに墓石の解体、撤去と墓所の整備をおこなってもらい、更地にして墓所に返します。取り出した遺骨は自宅でご安置するか、もしくは石材店に改葬先へ送ってもらい、ご安置していただくことになります。

改葬先に納骨する

遺骨を改葬先の新しいお墓に納めたら、改葬は完了です。その際に閉眼供養とは反対に、仏様の魂を宿してもらう「開眼供養」をおこなう場合もあります。

改葬の手続きに関連する費用の相場

ここからは、改葬の一連の流れのなかでかかる費用の相場をご紹介します。費用相場やお寺とのやりとりの仕方について知っておくことで、トラブルと必要以上のお金を支払ってしまうことを避けられます。

墓じまいの費用は、総額で150〜300万円程度かかります。以下、改葬手続き、離檀料、改葬先で発生する費用など、項目ごとにかかるお金を解説しますが、ケースによってかかる費用は大きく変わります。また、費用がかさんでしまいそうな場合は、まずは改葬のサポートをおこなっている石材店や仏壇仏具店に相談するようにしてください。

書類の入手にかかる費用

改葬許可証を取得するにあたり、改葬許可申請に200円から500円の証紙が必要な場合や、受入証明書(改葬先)が必要な場合は発行に2,000円から3,000円の事務手数料が発生します。いまのお墓がある自治体や、書類の発行元となる墓地などによって費用はさまざまなので、事前に確認しておくとよいでしょう。

改葬許可申請書は、複数人の遺骨が納められている場合は人数分必要になるので、注意してください。自治体によっては、1枚の改葬許可申請書に、埋蔵証明を連名で記入できる書式が用意されているため、事前に確認してみましょう。

離檀料

お寺にお墓があって檀家に入っている場合、檀家をやめて改葬することに合意してもらう際に「離檀料」をお支払いする風習があります。これは、いままでお世話になったことへの感謝を伝えるためのもので、お寺によって金額は異なりますが、通常の法要時のお布施の2倍から3倍、10万円から30万円程度が相場となります。

閉眼法要の際のお布施

墓石を解体する前に、お墓に宿る仏様の魂を抜く「閉眼供養」。お寺の方にお経を唱えていただく際にお布施が必要になります。もちろんお寺によって費用はさまざまですが、金額は3万円から5万円程度が相場で、お墓まで移動してもらう場合はお車代もあわせてお渡しする場合があります。

どのくらい用意するか悩んだら、お寺の方に聞いてみたり、「お気持ち程度で」などの答えがあった場合はほかの方が用意されている額を聞いてみたりするのも、一つの手です。

墓石の解体費用

墓石を撤去し、墓石のあった場所を整備して返却するための整備費用にあたります。相場は1㎡あたり5万円から10万円程度となっており、お墓の大きさや立地によって価格は変動します。通常のお墓であれば30万円から50万円になることが多いようです。遺骨を自分で取り出さずに石材店に依頼する場合は、ひとり当たり5万円程度の費用が追加で必要になります。

改葬先で発生する費用

新しいお墓の永代使用料と新しい墓石を購入する費用としては、平均して合計250万円程度がかかります。しかし地域によって永代使用料が変動するため、いくつかお見積もりをとると良いでしょう。さらに新しいお墓に遺骨を納めるときに、納骨費用として一回あたり3万円から5万円程度、開眼供養法要のお布施として約3〜5万円程度が必要に。

もともと使用していた墓石を改葬先に移送したりする場合は運搬費もかかるため、依頼する石材店などに要望をしっかり伝えて見積もりをお願いしましょう。(改葬先の墓所によっては、前の墓所で使用していた墓石の受け入れをおこなっていない場合もあります。)

改葬の手続きをおこなううえでの注意点

6つのステップでおこなう改葬の手続き。そのなかで注意すべき2つの点をおさえておきましょう。

手続きは閉眼法要までに済ませよう

公に改葬が認められたことを示す改葬許可証がなければ、閉眼供養をおこなって墓石を解体し改葬を進めることができません。

住職に依頼して閉眼供養と骨出しをおこなう日取りを決めたら、その日までに改葬の手続きを終えるようにしましょう。

お寺とのトラブルを避けるために

改葬をするにあたってとくにトラブルになりやすいのが、お寺にあるお墓を墓じまいして檀家をやめること。日本経済新聞の記事によると、100万円をこえる高額の請求をするお寺もあるそうです。

(参照:日本経済新聞『墓を引越し身近で守る 「改葬」の費用と手続き』2013年)

離檀料の支払いは法律で定められたものではなく、あくまでこれまでお世話になったことの感謝を伝えるための「お気持ち」です。トラブルになって、莫大な費用を払ってしまった……ということにならないよう、改葬を検討しはじめたら早い段階で相談しておきましょう。改葬の理由なども説明して、丁寧に話を進めることを意識してみてくださいね。

まとめ

墓じまいや改葬は、手続きが複雑で労力がかかるイメージがあるかもしれませんが、きちんと整理して手順通りに進めれば簡単におこなうことができます。お墓を「厄介もの」にしないための一つの大切な決断ですから、検討しはじめたら早めに専門家へ相談してみましょう。

まずは「お墓を今後どうしていきたいか」を家族で話す機会をもち、無理なく上手な付きあい方をしていけるとよいですね。終活アプリ『楽クラライフノート』では、お墓についての考えや希望を記録にのこし、家族へ共有することができます。家族とのコミュニケーションツールとして、ぜひ活用してみてください。


(執筆編集:NTTファイナンス ライフノート編集部 情報は2020年1月18日時点のものです。)


この記事を監修した人
㈱はせがわ 赤坂浄苑 赤坂営業所 所長 手島 康治

お仏壇のはせがわでお墓全般のご案内をして15年、現在は赤坂営業所所長として屋内墓苑「伝燈院 赤坂浄苑」の販売に従事。近年、墓じまいに伴うお墓のお引越し(改葬)に関するご相談が急増しており、オンラインセミナーや百貨店サロン等での外部セミナーを積極的に開催し、多くの方のお悩み解決に努めている。

※屋内墓苑とは?:首都圏を中心に需要が高まっている機械搬送式(マンション型)納骨堂。

https://www.dentouin.or.jp/akasaka/

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート