基礎知識

お彼岸とは?春分・秋分にある理由と期間について

この記事の内容

亡くなった人や先祖を供養する行事には、お盆や法事などさまざまなものがあります。なかでも、3月と9月にあるお彼岸の時期は、お盆と同様に全国のお墓やお寺に多くの人が訪れます。

しかし、そもそもなぜお彼岸に墓参りをするのか、なぜこの時期にお彼岸があるのか、といった理由は意外と知られていないかもしれません。そこでこの記事ではお彼岸の基礎知識を紹介します。

お彼岸とは

「お彼岸」という言葉を聞くと、多くの方は「お寺への参拝やお墓参りをし、先祖を供養する日」というイメージを抱くのではないでしょうか。

しかし本来、仏教におけるお彼岸とは「煩悩から放たれ悟りの境地に達すること」という意味です。すなわち、亡くなった方や先祖の方々がいる極楽浄土の世界を仏教では「彼岸」とよんでいるのです。これに対し、私たちが存在している煩悩に満ちた現世のことを仏教では「此岸(しがん)」とよびます。

春と秋のお彼岸は、昼と夜の時間がほぼおなじであることから、春分・秋分とよばれることもあります。仏教では「どちらかに偏らない」中道の教えがありますが、まさに春分・秋分は中道の教えに通ずるものといえるでしょう。そのため、この時期が煩悩から放たれた悟りの境地である「彼岸」にもっとも近づくといわれています。

お彼岸の時期と期間

国民の祝日である春分の日または秋分の日をお彼岸と捉えている人も少なくありませんが、宗教行事としてのお彼岸は祝日だけではありません。また、春と秋のお彼岸は何が異なるのかも含めてくわしく紹介しましょう。

お彼岸の時期

お彼岸の時期は3月と9月の2回存在し、一般的に3月を春彼岸、9月を秋彼岸とよびます。祝日として設定されている「春分の日」と「秋分の日」は彼岸の中日(ちゅうにち)にあたる日で、中日の前後3日間を含む7日間がお彼岸の時期に該当します。

なお、2022年のお彼岸の時期は以下の通りです。

【2022年の春彼岸】

彼岸の入り:2022年3月18日(金)

彼岸の中日(春分の日):2022年3月21日(月・祝)

彼岸の明け:2022年3月24日(木)

【2022年の秋彼岸】

彼岸の入り:2022年9月20日(火)

彼岸の中日(秋分の日):2022年9月23日(金・祝)

彼岸の明け:2022年9月26日(月)

お彼岸の期間

お彼岸の期間は上記で紹介したとおり、彼岸の入りから彼岸の明けまでの7日間を指しますが、この期間中は全国各地でさまざまな催しが開かれることがあります。

本来、7日間の期間のうち、中日にあたる「春分の日」および「秋分の日」は先祖に感謝し、残りの6日間は悟りの境地に達するための修行にあてる期間とされています。そして、この修業では「六波羅蜜(ろくはらみつ)」とよばれる徳目を修める必要があります。

六波羅蜜とは

六波羅蜜とは、以下の6つの徳目から構成される修行のことを指します。

1.布施(ふせ)

見返りを求めず、貪欲を抑え他人に対して施しや善行を実践すること

2.持戒(じかい)

道徳や法律を守り、自らを戒め、常識を身につけ他人に対して迷惑をかけないこと

3.忍辱(にんにく)

自身に降りかかる災いや困難を受け入れ、耐え忍ぶこと

4.精進(しょうじん)

誠心誠意、不断の努力を惜しまず続けること

5.禅定(ぜんじょう)

冷静かつ客観的な視点をもち、自分自身を見つめること

6.智慧(ちえ)

怒りや愚痴、貪りにとらわれることなく、どちらにも偏らず中道を歩み、真理を正しく見極めること


お彼岸の期間中、1日に1つの徳目を実践することで、煩悩から放たれた悟りの境地、すなわち彼岸に近づくことができるとされています。

春と秋のお彼岸のちがい

1年のうち、お彼岸は春と秋の2回存在しますが、時期によってどのようなちがいがあるのか疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は春と秋のお彼岸に大きなちがいはなく、どちらも先祖を供養し感謝するために、お寺への参拝やお墓参りを行います。

お彼岸のお供えものは?

春と秋のお彼岸に大きなちがいはないと紹介しましたが、強いて挙げるとすればお供えもののちがいがあります。

地域によってもお彼岸の風習は異なりますが、春彼岸でお供えするのは「ぼたもち」、秋彼岸でお供えするものは「おはぎ」が一般的とされています。また、これ以外にも「落雁(らくがん)」などのお菓子や花などをお供えするケースも多く見られます。

ただし、これらはあくまでも一般論であり、厳格なルールとして決められているものではありません。もし、故人が生前によく口にしていた好物などがあれば、喜んでもらうためにお供えするのもよいでしょう。

なお、お彼岸のお供えものについての関連記事「お彼岸にお供えするものは?他家に伺うときや彼岸会のお布施の相場も解説

お彼岸にしたほうがよいこと

お彼岸は故人や先祖を供養し、喜んでもらうことが何よりも重要です。しかし、そのためには具体的に何をすればよいのでしょうか。お彼岸にしたほうがよいこととして、4つの例を紹介します。

1. 仏壇仏具の掃除

自宅に仏壇仏具がある場合には、いつもよりも入念に掃除をしてみましょう。仏壇に向かって手をあわせることが日常の習慣となっているものの、細かい部分まで掃除をする機会は意外と少ないものです。普段は目に見えないところも入念に掃除をすることで、清潔な状態を維持できます。また、掃除に集中することで、六波羅蜜の布施や精進といった徳目も習得できるでしょう。

2. お墓参り

彼岸の中日はお盆と同様にお墓参りに訪れる多くの人で混雑します。そのため、スムーズなお墓参りをするために、朝早い時間帯にずらして訪問したり、夕方ごろの混雑を避けた時間帯に足を運んだりするのがおすすめです。ただし、お墓を管理しているお寺や霊園などによっては、開園時間が限定されているところもあるため、事前に電話などで確認しておきましょう。

3. お彼岸法要・お彼岸会への参加

僧侶や住職から仏教の教えを説いてもらうために、お寺に信徒が集まり説法が執りおこなわれることがあります。これを法会(ほうえ)とよびますが、お彼岸の期間中に開催される法会を彼岸会(ひがんえ)とよびます。また、先祖を供養するためにお寺でさまざまな法要がおこなわれることもあるため、これらに参加するのもお彼岸の時期ならではといえるでしょう。

4. 地域のお彼岸行事への参加

上記で紹介したとおり、お彼岸の定番といえばお墓参りや法要、彼岸会などがありますが、地域によっては独自の催しものが開かれることがあります。

たとえば、福島県では春彼岸の時期になると獅子舞を踊る風習があり、「彼岸獅子」とよばれる行事が開催されます。また、秋田県では杉の木と藁を地蔵に見立てたものを河原で焼き、五穀豊穣と無病息災を祈る「地蔵焼き」という行事も存在します。

このように、日本各地にはお彼岸にあわせた歴史ある行事が開催されているところも多いため、それらに参加してみるのもお彼岸の過ごし方の一つです。

お彼岸にしてはいけないこと

ここまで、お彼岸の由来や本来の目的などをくわしく紹介してきましたが、現在ではお墓参りやお寺への参拝、法要などをとおして先祖を供養するといった意味あいが強くなっています。お墓や仏壇にお供えするものも、ぼたもちやおはぎが定番ではあるものの、それを厳格に守る必要もありません。

このように、お彼岸だからといって「○○をしてはいけない」といったルールは基本的になく、故人や先祖に思いを馳せ、供養する気持ちが何よりも重要です。

お彼岸にしてはいけないことの関連記事「お彼岸にやってはいけないことはない|世間でいわれる『タブー』と誤解

ご先祖さまに感謝の気持ちをもってお彼岸を迎えよう

今回紹介してきたように、お彼岸は本来、仏教において「六波羅蜜」とよばれる徳目を修行をする時期を指します。現在はお墓参りやお寺への参拝をすることが広く習慣として根付いていますが、この機会に六波羅蜜をお彼岸の7日間で実践してみるのもよいのではないでしょうか。

難しい言葉ではじめのうちは理解することが難しいかもしれませんが、最初からすべてを完璧にする必要はありません。身近ですぐに実践できる具体的な行動としては、先祖に対する感謝の気持ちをもち、お墓参りや仏壇などの掃除をしてみるのがおすすめです。


(執筆編集:NTTファイナンス 楽クラライフノート お金と終活の情報サイト編集部 情報は2022年3月9日時点のものです。)

「葬儀やお墓に関する思いを子どもに伝えたいが、なかなか話せない」という方には、終活アプリ『楽クラライフノート』がおすすめ。葬儀やお墓の種類や費用などの意向をアプリの記入項目に沿って登録し、いつでも書き換え可能。登録した情報は、伝えておきたい家族に共有できます。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

この記事を監修した人
株式会社セレモア

株式会社セレモアは首都圏全域で事業展開を行っており、約2,500団体の官公庁、企業と福利厚生の契約をさせていただいております。
NTTグループへお勤めの方とそのご家族の皆様にはお花・介護用品・患者移送・お仏壇・お葬儀のことまで各種サービスを経済的にご利用いただくことが出来ます。

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート

Page Top