基礎知識

お彼岸にやってはいけないことはない|世間でいわれる「タブー」と誤解

この記事の内容

お彼岸とは本来、春分・秋分の時期に修行することで悟りの境地である「彼岸」に近づけるという、古来から存在する宗教的行事です。このような由来を知ったとき、お彼岸の期間には「お祝いごとをしてはいけないのでは?」、または「縁起にかかわることをしてはいけないのでは?」といった疑問を抱く人も少なくありません。

実際にお彼岸でやってはいけないことはあるのでしょうか?この記事では、そんなお彼岸のタブーについて解説します。

原則的にお彼岸にやってはいけないことは「ない」

日本では一般的に、近親者が亡くなってから四十九日法要が終わるまでは喪に服す期間と認識されています。「喪に服す」というのは、身を慎むことであり、この期間は結婚式などのお祝いごとに参加すべきではないというのが常識となっています。

しかし、そもそもお彼岸は仏教における年中行事の一つであり、喪に服す期間ではありません。そのため結論からいえば、お彼岸だからといって原則的にやってはいけないことはありません。

ただし、お彼岸に慶事をおこなうことを嫌う年配者がいることも事実です。そのため、結婚式などに参列する際には、事前に親や祖父母などに相談しておいたほうがよい場合もあります。

世間でよくいわれる「お彼岸にやってはいけないこと」

上記で紹介したとおり、原則としてお彼岸にやってはいけないことはありません。しかし、世間一般に「○○はやってはいけない」または避けたほうがよい、と耳にしたことがある人もいるでしょう。

それらは果たして本当なのか、あらためて解説しましょう。

お彼岸と神事

いわゆるお彼岸のタブーとして耳にすることが多いのが神事です。お彼岸は仏教の行事であることから、「神事と仏事を一緒にやってはいけない」というのがこの言説の根拠となっているようです。

しかし、そもそもの歴史を紐解けば、神仏習合(神道と仏教が融合して信仰されること)していたのも事実です。また、大きな神社ではお彼岸の時期に皇霊祭(歴代皇族の霊を祭る儀式)などもおこなわれています。

お彼岸と結婚式

冒頭にも紹介したとおり、お彼岸は仏教の年中行事であり、喪に服す期間ではありません。そのため、結婚式や結納といった慶事をおこなうことに対してお彼岸が支障となるわけではありません。

お彼岸とお見舞い

お彼岸といえば、墓参りや法要で先祖の霊を供養する期間であることから、この時期にお見舞いをすること自体が「縁起が悪い」または「不謹慎だ」と感じる人も存在します。

仕事の都合でどうしてもその日でなければお見舞いに行けないなど、あらかじめ本人に事情を説明しておいたほうがよいケースもあるでしょう。

お彼岸と納車

お彼岸=先祖の霊を供養する日というイメージから、車を購入した際の納車日はお彼岸の期間を避けるケースもあります。また、納車の際に神社でお祓いを受けることも多いことから、お彼岸の期間中は納車に適さないと考える人もいます。

しかし、仏教には「忌日」はなく、納車日をお彼岸の時期に設定しても縁起にかかわるということはありません。

お彼岸と引っ越し・新築祝い

お墓参りや法要をおこない先祖の霊を供養するお彼岸は、引越しに適さない時期と認識されることがあります。しかし、仏教ではそのようなタブーは存在せず、引越しや新築祝いなどを避けるべきという宗教上の教えはありません。

なお、年度末の春と半期のタイミングの秋は企業の人事異動も多いことから、この期間をずらして引越しをするというのも現実的とはいえないでしょう。

お彼岸とお宮参り

お宮参りとは、子どもが生まれて1か月が経過したタイミングで神社へ参拝する風習です。神道の教えに基づいた儀式の一つであり、正式には「初宮参り」ともよばれます。

「お彼岸と神事」の項でも紹介したとおり、お彼岸の期間中であっても神道の儀式に参加するなどは歴史的にもおこなわれてきました。したがって、お彼岸の期間中にお宮参りをすると罰が当たる、などということにはつながりません。

日常を大切にしつつご先祖さまへのお祈りもしよう

今回紹介してきたように、原則としてお彼岸にやってはいけないことはありません。

ただし、お彼岸に慶事を嫌がる年配の方がいるのも事実です。家族の関係性が悪化しないよう、お彼岸の時期にお祝いごとをするときは親をはじめとした親族ときちんと話をしておくのも大切です。

お彼岸は春分、秋分の時期に修行することで自分も極楽浄土へ行けるという仏教的な考えからおこなわれます。お墓参りなどをきちんとしつつ、お祝いごとをしたり日常を楽しんだりしていれば、きっとご先祖さまもあなたの元気な姿を喜んでくれるでしょう。


(執筆編集:NTTファイナンス 楽クラライフノート お金と終活の情報サイト編集部 情報は2022年3月9日時点のものです。)

「葬儀やお墓に関する思いを子どもに伝えたいが、なかなか話せない」という方には、終活アプリ『楽クラライフノート』がおすすめ。葬儀やお墓の種類や費用などの意向をアプリの記入項目に沿って登録し、いつでも書き換え可能。登録した情報は、伝えておきたい家族に共有できます。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

この記事を監修した人
株式会社セレモア

株式会社セレモアは首都圏全域で事業展開を行っており、約2,500団体の官公庁、企業と福利厚生の契約をさせていただいております。
NTTグループへお勤めの方とそのご家族の皆様にはお花・介護用品・患者移送・お仏壇・お葬儀のことまで各種サービスを経済的にご利用いただくことが出来ます。

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート

Page Top