基礎知識

弔意を示すお悔やみメールの文例集|メリット・デメリットや送るタイミングを解説

この記事の内容

親戚や友人などが亡くなって、どうしてもお葬式へ行けないという場合、かつての時代は弔電が送られていました。現代でも弔電はなくなったわけではありませんが、メールを使って弔意を示す、という場合があります。

こうしたメールは「お悔やみメール」と呼ばれます。この記事では、お悔やみメールはどのような文面で送るべきか、もしお悔やみメールをもらったらどう対応すべきかを解説します。なお、近年ではメールにとどまらず、メッセンジャーアプリ(LINE)でお悔やみを述べる場合もありますが、基本はメールと同じだと理解したうえでご覧いただけると、応用できます。

お悔やみメールのメリット・デメリット

お悔やみメールは手軽に弔意を伝えられる半面、人によっては気持ちがこもっていないと感じる場合もあります。ここでは、お悔やみメールのメリットとデメリットを取り上げます。

お悔やみメールのメリット

お悔やみメールの長所は、なんといってもすぐに弔意を伝えられることです。郵便などは送ってから届くまでに1日以上を要しますが、メールでは、送信ボタンを押せばすぐに相手に届きます。

また、手紙や電報ではどうしても形式張った文面になりがちですが、メールでは簡素な文面で弔意を示せます。親しい相手であれば、形式にとらわれず気持ちを伝えられるのがお悔やみメールの利点といえるでしょう。

メールを受け取る側にとっても、メリットがあります。お悔やみメールはすぐに内容を確認できるため、受け取る側の心理的・時間的負担が少なく済みます。

お悔やみメールのデメリット

以上のようなメリットが、その裏返しとしてデメリットにもなり得ます。

メールが非常に簡素な連絡手段であるがゆえ、失礼だと感じる人がいるのも事実です。そのため、送る側と故人との関係性、あるいは故人の親族との関係性をきちんと見極める必要があります。あまり親しくないのに、お悔やみメールを送ってしまうと、悪い印象を与えてしまう場合もあるということです。

そこで、次にお悔やみメールを送って良い相手か否かをどう判断すべきか、解説します。

お悔やみメールを送ってよい相手かどうか判断する

繰り返しになりますが、お悔やみメールは手軽で簡素な弔意を示す手段です。そのため、目上の人、あるいはデジタルデバイスにそれほど親しみを感じない世代の人に送ると、嫌悪感を抱かれる恐れがあります。こうした相手やその親族が亡くなり、どうしてもお葬式に参列できないという場合は、メールではなく弔電を送るほうがよいでしょう。

ただ、目上の人でも強い関係性を築いているのであれば、嫌悪感を与えないケースもあります。次に、お悔やみメールを送ってよい相手、NGな相手を解説します。

お悔やみメールを送ってよい相手・NGな相手とは

お悔やみメールを送ってよい相手は、親族ではない関係性を強く築けている人となります。それぞれ具体例を挙げますので、ご覧ください。

お悔やみメールを送ってよい相手

お悔やみメールを送ってよい相手の具体例は、以下のとおりです。

  • 懇意にしている友人

  • 懇意にしている上司・同僚

  • 懇意にしている取引先関係者

親しくしている友人や仕事関係の人の親族が亡くなると、お葬式の会場が遠方であるなどで参列が難しいケースがありますよね。深い関係性を築いている相手であれば、大きく心証を損なわない場合もあります。

お悔やみメールを送るのがNGな相手

反対に、お悔やみメールを送らないほうがよい相手は、次のとおりです。

  • 親族

  • 疎遠となっている友人

  • あまり親しくない上司・同僚

  • それほど親しくない取引先関係者

まず親族に対しては、お葬式に参列して弔意を示すのが基本です。どうしても参列できない場合は、弔電を送りましょう。疎遠となっている友人も、メールで弔意を示してもこちらの気持ちが伝わらない可能性があるので、避けたほうがよいでしょう。

仕事関係で疎遠な場合は、メールでは弔意が伝わりづらいのはもちろんですが、だからといって、個人で弔電を送ったり香典をお供えしたりするのもNGです。一般的に、仕事関係では会社(組織)として弔意を示すからです。先に述べたように、親しくしている仕事関係の人にメールを送る分には問題ない場合もありますが、それ以外では個人として行動するのは控えたほうがよいといえます。

お悔やみメールを送るタイミング

送ってよい相手、NGな相手を見極めたあと、次に悩むのがお悔やみメールを送るタイミングです。

結論として、お悔やみメールは訃報を知ってすぐに送っても問題ありません。メールは、読む側が自分の都合のよいタイミングで閲覧できるためです。もし、親しい人やその親族が亡くなり、時間が経ってからその事実を知ったという場合も、自分が知ったタイミングでできるだけ早くメールを送るのがよいでしょう。

お悔やみメールを送るときの文例

ここでは、具体的にどのような文章でお悔やみメールを送るべきかを解説します。まずは、メールを打つために手を動かす前に、知っておくべきことから取り上げます。

書く前に覚えておきたいこと

お悔やみメールを書く際には、簡潔に記すのを基本としながらもあらたまった敬語表現を忘れない、不吉なことを連想させる言葉は使わない、などの注意点があります。それらを解説します。

簡潔に書く

まず、メールは簡潔に書くのが大原則となります。メールのタイトルは「◯◯(名前)より お悔やみ申し上げます」などというように、送信者名と内容が簡単にわかるのがよい例といえるでしょう。タイトルと同様に、本文も簡潔を心がけます。手紙のように時候の挨拶は必要ありません。

敬語表現を使う

メール全体にわたって敬語を使うことが求められます。たとえば、親しい人の両親が亡くなったときには「ご尊父様」「ご母堂様」というように、細かなところでも敬語表現を使うようにしましょう。

忌み言葉を使わない

忌み言葉とは不幸や不吉を連想させる言葉のことで、たとえば「いろいろ」「わざわざ」「たびたび」「重ね重ね」というような不幸が重なることを連想させる重ね言葉があります。このほかにも、不幸や不吉そのものを連想させてしまう「切れる」「別れる」「離れる」「忙しい」などがあります。忌み言葉ではありませんが、「大往生」や「天寿を全うする」は遺族側が使う言葉となりますので、お悔やみメールの文章として送るのはふさわしくありません。また、「ご冥福をお祈りします」は仏教的な言葉であるので、ほかの宗教を信仰している人に送らないよう、注意しましょう。

機種依存文字や絵文字を送らない

絵文字は、お悔やみメールとして送るには軽薄な印象を与えてしまいます。機種依存文字も、たとえば仕事相手に自分や相手の会社は㈱という機種依存文字を入力すると文字化けする可能性があります。こうした場合はきちんと「株式会社」と記しましょう。

友人相手に送る場合の文例

まず、友人の父が亡くなった場合の文例です。下記のように、簡潔な文章を心がけましょう。

(タイトル)山田より お悔やみ申し上げます

(本文)

この度はご尊父様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。遠方のため、ご葬儀に参列できず申し訳ありません。どうか気を落とさずに、お体を大切にしていただければと思います。私に何かできることがあれば、いつでもご連絡ください。

会社や取引先関係の相手に送る場合の文例

次に、仕事関係の相手に送る場合の文例です。タイトルには、誰かがわかるよう会社名・部署名を記すのがよいでしょう。また、本文の最初に相手の名前として「◯◯様」と記したほうが無難です。

(タイトル)【営業部営業一課 山田より】お悔やみ申し上げます

(本文)

鈴木様

この度は、ご身内にご不幸があったと知り、大変驚いております。遠方のため、ご葬儀に伺えずまことに申し訳ございません。メールにて甚だ失礼ではありますが、お悔やみ申し上げます。心から哀悼の意を表します。

返信する場合の文例

返信する場合の文例も紹介します。返信も、簡潔さが求められます。なお、返信するタイミングはお葬式の一連の儀式が終わり落ち着いてからでも問題ありません。

(タイトル)お気遣いいただきありがとうございます

(本文)

返信が遅れ大変申し訳ございません。メールをいただき、とても気が楽になりました。落ち着いたらまたゆっくりお話しましょう。

とにかく「簡潔」が基本

20世紀の後半に生み出された電子メールというシステムは、簡単に、手軽に連絡がとれる手段としてつくられたものです。そのため、お悔やみメールにおいても簡潔さを心がけるのが基本となります。過剰に形式張ったり冗長な内容となったりするのは禁物です。

また、返信する側もお礼のメールを簡潔な内容で送信できれば、スマートな印象を相手に与えられますね。


(執筆編集:NTTファイナンス 楽クラライフノート お金と終活の情報サイト編集部 情報は2021年11月17日時点のものです。)

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート

Page Top