毎日の歩数がdポイントになる!「dヘルスケア」の使い方

この記事の内容

健康に気を遣っているライフノート読者のなかには、自分の健康状態を記録するアプリを利用している、または利用の検討をしている方もいるのではないでしょうか。健康管理に役立つヘルスケア系アプリはさまざまなものが存在しますが、なかでもおすすめしたいのが「dヘルスケア」です。「dヘルスケア」は毎日の歩数や体重記録がdポイントになるという画期的なアプリなのですが、はじめて耳にした方も多いはず。

そこで今回は、「dヘルスケア」の基本的な使い方、どうすればポイントがもらえるのかを解説します。まずは、以下のリンクから「dヘルスケア」をインストールしてみましょう。

iPhoneへのインストールはこちら

Androidへのインストールはこちら

Androidでドコモ回線以外をご利用の方こちら

「dヘルスケア」とは


「dヘルスケア」とは、NTTドコモが提供する健康管理アプリです。健康に気をつかう多くのユーザーに愛用されており、累計ダウンロード数は800万以上を誇ります。

一般的な健康管理アプリといえば、歩数計や体重の記録、食事管理などの機能がメインですが、「dヘルスケア」は歩数計測や体重の記録、さまざまなミッションをクリアすることで「dポイント」を獲得でき、ゲーム感覚で楽しみながら続けられるのが大きな特徴です。

「dヘルスケア」には有料版と無料版があり、有料版の場合は月額料金が330円(税込)で、初回申込から31日間はお試し期間のため料金はかかりません。一方で、無料版はミッションをクリアした際のdポイント獲得は抽選となり、確実に獲得できるものではありません。また有料版の場合は24時間、医師によるチャットでの健康相談ができますが、無料版には対応していないなど、機能面での制約もあります。

歩くのは健康の「第一歩」dヘルスケアで歩数計測しよう


有料版の「dヘルスケア」は、スマートフォンの歩数計測機能と連携し、毎日決められた歩数の「ミッション」をクリアすることでdポイントが獲得できます。ただし、一部Android端末には歩数計測機能が搭載されていないものもあるため、その場合は別途GoogleFitアプリや端末との連携が必要になる場合もあります。

アプリを利用するうえで注意しておきたいのが、「dヘルスケア」を活用する本来の目的は健康管理であるということです。dポイントを獲得できるからといって、はじめから無理をしすぎるとからだを壊してしまうリスクも考えられます。そのため、はじめのうちはdポイントの獲得を第一の目的にするのではなく、「今日はたくさん歩いた」「もうちょっと歩かないといけない」など、自身の状況を把握することからはじめてみましょう。健康への「第一歩」はまさに歩くことなので、自身が日々どれくらい歩いているかを確かめたうえで、すこしずつ歩数を伸ばしていきましょう。

日々の体重を記録する


さらに「dヘルスケア」では、歩数の計測・記録以外にも体重や体脂肪率を記録でき、それをもとに自動的にBMI(ボディマス指数)が算出され、肥満度を計測してくれます。また、体重を毎日記録し続けることでdポイントも獲得できます。

体重の増減を毎日記録することは、自身の健康状態を細かく把握することにもつながります。急激に体重が減少しているなどといったからだの異変を、早急に察知できるでしょう。反対に、食べすぎ・飲みすぎによって体重がわずかでも増加した場合には、意識的に歩く距離を伸ばしてみることも健康への第一歩といえます。

また、体重や体脂肪率を落とすこと自体が体調の回復につながることも少なくありません。「毎日十分な睡眠をとっているのに疲れが取れない」「いつもからだがだるく感じる」「朝の寝起きが悪い」など、体調に関する悩みがあれば「dヘルスケア」に毎日記録として残し、管理してみましょう。

血圧の記録で病気予防


年齢を重ねてくると気になるのが血圧の上昇です。「dヘルスケア」アプリは、歩数や体重・体脂肪率の増減以外にも、日々の血圧を記録できます。

血圧を測定するとき、家で測定すると高いのに病院で測ると低くなるといった経験はないでしょうか。このような現象を「仮面高血圧」とよび、反対に、家では低いのに病院で高くなる現象のことを「白衣高血圧」とよびます。以上のような、自宅と病院で血圧にどの程度の差があるのかを客観的事実として医師に説明する手段としても「dヘルスケア」アプリは効果的といえるでしょう。

「dヘルスケア」で健康な毎日を

「dヘルスケア」に体重や体脂肪率、血圧といったデータを日々記録することで、自分自身のからだの変化を細かく把握することができます。また、歩数を計測したり日々の体重の変化を記録したりすることでdポイントまで獲得できるため、「dヘルスケア」はまさに一挙両得のアプリであることをご理解いただけたと思います。

dポイントを獲得できるというメリットは魅力的ですが、それ以上に体重や血圧の記録を継続することは、自分自身の健康状態の変化にいち早く気づけるため、とくにシニア層にとっては有益なアプリといえるでしょう。「dヘルスケア」では、健康に関するコラムや健康相談のQ&Aといったコンテンツも提供しているため、こちらもぜひ参考にしてみてください。


(執筆編集:NTTファイナンス ライフノート編集部 情報は2021年7月21日時点のものです。)

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート