祥月命日 (しょうつきめいにち)

毎年、年に1回巡ってくる故人の亡くなった同月同日のことをいいます。仏教用語であり、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と一定の年数に僧侶が法要を執り行います。

2020年11月18日 時点の情報です