コラム

1 自分史を楽しむ方法と手順

この記事の内容

自分史には書くだけではない楽しみ方があります。楽しみながらつくる方法をご紹介します。

①全身でつくろう

自分史をつくる楽しみは、頭から足の先まで全身をつかって行うところにあります。まず「頭」です。記憶を呼び起こしたり、誰に読んでもらおうかと考えたり、どんな自分史にしようかとプランを練ったりするところで脳がフル活動をします。「心」も使います。昔のことを思い起こすことで気持ちが若返ります。わくわくするような青春の日々や、辛く悲しいできごとから立ち直ったときの自信や誇りがよみがえり、心がときめきます。懐かしい場所に出向いたり、図書館で資料を探したりと「足」も使います。原稿を書く、ということで「手」も使います。全身で自分史をつくっているうちに、いろいろなことに興味が湧いてきて、毎日が楽しく張りのあるものになります。

②粗年表をつくろう

手始めに簡単な年表づくりをしてみましょう。といっても、思い出せる範囲の簡単なものでけっこうです。自分の歩みを年表にしようとすると、しっかり覚えている時期と、何も書くことが浮かばない時期があることに気づきます。何も書くことが浮かばない年表を見て、自分の人生は自分史を書くような人生ではなかったのか、と思い悩む必要はありません。何も思い出せない空白の時期こそ、一生懸命に生きた時期であったりするからです。空白の時期のそのころ、社会ではどんなできごとがあったでしょうか。巷で流行っていた音楽や、友人や恋人と見た映画、ベストセラーとなった本などの情報から、当時の自分の気持ちを思い起こしてみましょう。テーブルに年表を広げて、あれこれ思い出そうとしていたら家族が寄ってきて、思い出話に夢中になった、という話もよく聞きます。

③素材を探そう

手近にある素材も記憶を呼び覚ましてくれます。アルバムや日記、通信簿や賞状や作文、手帳などから、たくさんの思い出が浮かんできます。海外旅行にいつどこに行ったかを知るにはパスポートが役立ちます。車や家など大きな買い物をしたときのことは、通帳や家計簿からもうかがい知ることができます。手縫いの洋服や編み物から親の愛情を感じたり、アルバムからそのころどんな人と付き合い、どんなことに夢中になっていたのかまで思い出せたりします。

④思い出の場所に行ってみる

小学校や中学校など通っていた学校や、新婚時代を過ごした町を訪ねてみるのもいいでしょう。幼いころ、高くそびえていると思った塀が意外に低かったと気づいたり、寄り道をして遊んだ裏山が変わらぬ姿であったりと、当時の自分に戻ることができます。

⑤懐かしい人に会いに行こう

人生は出会いの連続です。どんな人と出会い、その出会いによって自分がどう変わってきたか。そんな目で自分の人生を見つめ直すのもいいものです。若い頃にはわからなかった出会いの意味が、時を経て得難いものであったと気づくこともあります。家族や親戚、友人、学校の先生、部活の先輩や後輩、会社の上司や同僚、仕事先で知りあった人や趣味仲間……といろいろな人と再会することで当時の様子がまざまざと蘇ってきます。また、あの日あの時どんな気持ちでいたのか、見えてくる自分がいます。


一般社団法人自分史活用推進協議会 代表理事
河野初江

想いをつなぐ自分史づくり➡らしくラボ


(執筆:一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事 河野初江 編集:NTTファイナンス ライフノート編集部 情報は2021年6月30日時点のものです。)

この記事を監修した人
河野初江

一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事

岡山市生まれ。東京女子大学文理学部(史学科)卒。株式会社リクルート入社。リクルートの顔『月刊リクルート』編集長を務めたのち独立。コンサルタント会社を経て、編集工房オフィス河野を設立。広報誌の編集実績は2万ページ以上に及ぶ。人物の魅力を引き出す本作りを得意とし、リクルートの創業者である江副浩正氏ほか、多数の自叙伝、自分史を手がける。2017年より現職。著書に『熱中できるものを探す』(日本経済新聞社)。

https://rashiku-lab.com/


自分史の作り方

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート