コラム

終活アプリとは?そのメリットとデメリット|おすすめ終活アプリ3選

この記事の内容

読者のみなさんのなかには、すでに自分自身が終活に取り組んでいる、あるいは終活をする親のサポートをしている方もいるはずです。

ひと口に終活といっても、相続に関することや自分自身の病気の治療に関すること、お葬式やお墓に関することなど、内容もさまざまです。それらをノートや書類にまとめるのも一つの方法ですが、より効率的に整理できるツールとして終活アプリがあります。

今回の記事では、そもそも終活アプリとはどのようなものなのか、実際に提供されている終活アプリの例などもあわせて紹介します。

終活アプリとは

人生の終わりが徐々に見えてくると、自分自身の財産や所有物をどうするか考えはじめる人も少なくありません。また、もし大きな病気にかかったらどの程度までの治療をしてほしいか、どんなお葬式にしたいかなど、意思疎通が難しくなったり亡くなったりしたときのために、家族に伝えたいことも多く出てくるでしょう。

人生の終わりに備えてさまざまな準備をしておく「終活」についての関連記事「終活とは?準備でやるべきこと6つ|始める時期・注意点も解説

終活にはさまざまな方法がありますが、家族や友人など大切な人へ伝えたいことを記録にのこす役割を果たしてくれるのが「終活アプリ」です。終活アプリでは、単に終活の機能だけでなく、老後の人生設計をどうすべきかサポートしてくれるアプリも存在します。

楽クラライフノートについての関連記事「楽クラライフノートとは

また、終活アプリにはさまざまな機能を備えたものや、エンディングノートなど一つの機能に特化したものなども存在するため、用途に応じて使い分けも可能です。

エンディングノートのアプリについての関連記事「エンディングノートならアプリでのこそう|おすすめアプリもご紹介

終活アプリのメリットとデメリット

一般的に終活といえば、エンディングノートを作成・整理することが定番です。では、紙やノートに書きのこす従来の方法と比べて、終活アプリを活用することでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

終活アプリのメリット

文字だけでなく写真や動画を記録できるアプリもある

自分自身が亡くなったときを想定して、家族や友人などに向けてメッセージをのこしておきたい場合もあるでしょう。しかし、遺言書やエンディングノートの場合、メッセージをのこせるのはテキスト(文字)のみであり、写真や動画として記録しておくためには別途カメラで撮影しなければなりません。

終活アプリのなかには、スマートフォンやタブレット端末で画像や動画を記録できるものもあり、カメラを用意して撮影しデータを保存しておく手間がありません。

大量の情報を記録できる

終活に関しては、自分の財産整理や希望する介護、お葬式、お墓はどういったものかなど、記録しておきたい情報がたくさんあります。

しかし、終活アプリの場合には、アプリ内にすべての情報が集約されるため、メッセージの量が増えてもノートの量がかさばる心配がありません。

情報の整理が簡単

エンディングノートに記載する内容が増えれば増えるほど、記載箇所を忘れてしまったり、書類の保管場所を忘れてしまったりするケースも考えられます。

終活アプリの場合、終活に関するすべての情報はアプリ内に集約されるため、情報を整理しやすく紛失の心配もありません。

あとから修正も可能

エンディングノートの内容は、終活を始めてから自分自身が亡くなるまで定期的な見直しが必要です。しかし、ノートや書面に手書きとしてのこしておく場合、一部を修正するとなると書類を書き直さなければならないケースもあるでしょう。

終活アプリの場合、デジタルデータとして編集できるため、修正作業も簡単です。

終活アプリのデメリット

スマホに不慣れなシニアには操作が難しく感じる

終活アプリはスマートフォンやタブレット端末を操作し、デジタルデータとして作成・保存することが前提となります。そのため、スマートフォンをはじめとしたデジタル端末の操作に不慣れな場合、終活アプリの活用が難しく感じられることもあります。

相続の希望を書きのこしても法的拘束力がない

自分自身の財産をだれにどの程度相続するのか、本人の希望を託すためには遺言状を作成しなければなりません。しかし、終活アプリはあくまでも記録をのこしておくためのものであり、たとえ相続に関する希望を記載していたとしても、法的拘束力はありません。

自分の死後、家族や親族が相続で揉めないようにするためには、終活アプリだけでなく、別途遺言状も作成しておく必要があります。

ログインパスワードを覚えるのが面倒に感じる場合もある

スマートフォンアプリやWEBサービス全般に共通していえることですが、ログイン時のIDおよびパスワードの管理が必須であり、面倒に感じてしまうこともあります。

わかりやすいID・パスワードはセキュリティ上の不安が生じる一方で、複雑なものでは覚えられないこともあるでしょう。

サービスが終了する可能性がある

書類やノートの場合、紛失や滅失しない限りは情報をのこしておくことができます。しかし、終活アプリはWEB上に情報を保存しておくサービスのため、終活アプリを提供する事業者がサービスを終了してしまうとデータが消失してしまいます。

サービス終了に関わる重大な事項は事前に周知されますが、万が一データの移行やバックアップを忘れてしまうと、データを復元できない可能性もあるでしょう。

おすすめの終活アプリ

ひと口に終活アプリといってもさまざまな事業者が提供しており、アプリによって特徴や強みも異なります。今回は、とくにおすすめの3つの終活アプリをピックアップしながら、それぞれのちがいを解説しましょう。

楽クラライフノート

NTTファイナンスが提供する終活アプリ「楽クラライフノート」は、月額300円で利用できるクラウド型のサービスです。スマートフォン本体ではなくインターネット上に情報が保存されるため、ID・パスワードさえ覚えておけば機種変更時も特別な操作は必要ありません。

相続に関する意向や、自分自身の健康・介護に関する希望、お葬式やお墓に関する希望などを登録できます。
また、生前のうちから資産管理や家計管理ができることも特徴の一つで、老後に必要な資金をシミュレーションできる機能も搭載されています。

なお、楽クラライフノートに記録した情報は、アプリを通じて家族とも共有が可能。たとえば、預金口座と残高の情報を共有したり、不動産や証券も含めたすべての資産情報を共有したりといったことも可能です。

iPhoneへのインストールはこちら Androidへのインストールはこちら

そなサポ

「そなサポ」は、不動産事業を手掛けるジェイレックス・コーポレーションが提供する終活アプリです。料金は一切かからず、すべての機能を無料で利用できます。

主に、家族や親族などに資産状況を共有するためのアプリで、あらゆる資産状況を把握・共有しておくためのさまざま機能が搭載されています。

また、みまもり機能として定期健康確認が提供されており、3週間以上健康確認がとれない場合には、お客様センターから連絡をとる仕組みとなっています。仮に連絡をしても確認がとれなかった場合には、あらかじめ設定されている継承者に対して資産情報をメールで通知します。

Husime.com

「Husime.com」は、クラウドやAI関連の技術を提供するAOSデータが運営している終活アプリです。最大の特徴は、デジタルデータの改変が極めて難しいブロックチェーン技術を応用していること。

アプリ上で作成したデジタル遺言書をブロックチェーンに保存することで、第三者がデータを改変するリスクを防止できます。

デジタル遺言書は正式な遺言書ではないため、法的拘束力をもたせるためには書類を作成する必要があります。しかし、デジタル遺言書のデータは実質的に改変が不可能で信頼性が担保されているため、自身の思いを記録にのこすことが可能です。

あとを託す家族のために終活アプリを活用しよう

終活は自分自身が満足するだけでなく、自分の死後、のこされた家族がより安心して暮らせるための備えともいえます。

あとを託す家族のために、ぜひ終活ノートにはさまざまな情報をのこしておきたいもの。今回は三つの終活アプリを紹介してきました。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。


(執筆編集:NTTファイナンス 楽クラライフノート お金と終活の情報サイト編集部 情報は2022年1月21日時点のものです。)

資産管理やエンディングノートの登録、家族へ情報共有したい方には、終活アプリ『楽クラライフノート』がおすすめ。自身の現状や思い、資産・家計をアプリで一元管理でき、老後に向けた健康やお金などにまつわる不安を解消します。また登録した情報は、伝えたい家族に絞って共有可能。これからの人生を、よりよく生きるための取り組みをサポートします。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート

Page Top