コラム

老後の生活費はいくら必要?余裕ある生活には「月40万円必要」説も

この記事の内容

定年退職や仕事を引退した後、これまでできなかった趣味や旅行など、自分のための時間を存分に楽しみたいと思っている方も多いことでしょう。たしかに、仕事から解放されることで十分な時間は確保できますが、一方で年金だけで現役時代並みの収入を確保することは難しく、経済的な不安を覚える方も少なくありません。

もし経済的に困窮してしまうと、いわゆる「老後破産」にもなりかねないわけですが、それを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。今回の記事では、老後の生活費としてどの程度のお金が必要なのかを紹介するとともに、老後の生活防衛のために現役時代から準備しておくべきこともあわせて紹介します。

みんなが考える老後の生活費

令和元年度 生活保障に関する調査」によると、「老後を夫婦2人で暮らしていくうえで、日常生活費として月々最低いくらぐらい必要だとお考えですか」という問いに対してもっとも多かったのが、「20〜25万円」であり、平均値は22.1万円でした。一方で、「ゆとりのある老後生活のためには、上記の答えに加えてあといくら必要か」という問いに対しては、「10〜15万円」と回答した割合がもっとも多く、平均値は14.0万円となっています。これらを合算すると、余裕のある暮らしのためには1か月あたり40万円程度が必要になると多くの方が考えていることがわかります。

ちなみに、インターネットで「老後 生活費」と検索すると、検索候補として「老後 生活費 40万円」が表示されます。このことからも、老後に40万円程度の生活資金が必要であることは、世のなかに浸透しつつあるといえるでしょう。

なお、上記で紹介した「20〜25万円」という金額は、あくまでも最低限の生活をおくるうえで必要とされる額であり、世帯の状況によっては実はこれでも足りなくなる可能性があります。次のステップでは、より実態に即した生活費の内訳についてくわしく解説します。

老後の生活費の実態

老後の生活費は住んでいる場所や持ち家・賃貸かなど、さまざまな要素によって大きく変わってきます。そこで今回は、最新の「家計調査年報」をもとに世帯ごとの生活費の内訳についてくわしく解説します。自身の状況と照らし合わせながら、どの程度の生活費を確保しておかなければならないのかを確認してくださいね。

高齢夫婦無職世帯の生活費

夫が65歳以上、妻が60歳以上の高齢夫婦無職世帯の場合、月々の平均収入は23万7659円となっています。このうち、21万6910円が年金などの社会保障給付にあたります。

一方で、支出の内訳を見てみると、税金などに該当する「非消費支出」が3万982円、食費や水道光熱費、医療費などに該当する消費支出が23万9947円となっており、これらを合算すると27万929円となります。

したがって、収入よりも支出が3万3270円多くなっており、いわば赤字の状態といえます。このことからも、冒頭に紹介した「20〜25万円」程度の生活費では賄いきれず、想定以上の資金が必要になる可能性が高いのです。

出典:家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)Ⅱ 総世帯及び単身世帯の家計収支|総務省統計局


高齢単身無職世帯の生活費

では、夫婦ではなく高齢単身世帯における生活費の実態はどうなのでしょうか。60歳以上の単身無職世帯の月々の平均収入は12万4710円で、このうち年金などの社会保障給付は11万5558円となっています。

支出の内訳としては、非消費支出が1万2061円、消費支出は13万9739円となっており、これらを合算すると15万1800円が支出総額となります。高齢夫婦世帯と同様、高齢単身世帯においても収入よりも支出のほうが2万7090円多く、赤字の状態であることは変わりないといえます。

出典:家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)Ⅱ 総世帯及び単身世帯の家計収支|総務省統計局


 老後の生活防衛のためにできること

老後には年金をはじめとした社会保障給付が用意されているとはいえ、生活費の実態を見てみると決して余裕のある生活が送れるとは限らず、むしろ赤字に苦しめられる可能性もあるでしょう。そこで、いわゆる「老後破産」に陥らないように、現役世代から備えておくべき生活防衛策を紹介します。

家計簿をつける

現役世代は生活をしていくうえで十分な収入があることから、家計のチェックに無頓着な方も少なくありません。しかし、老後を迎え年金生活が始まると、現役時代並みの収入が確保できず、従来の生活レベルを維持したままだと資金が足りなくなる可能性もあるでしょう。

そこで、まずは家計簿をつけることから始め、生活のために月々いくら使っているのかを把握し、老後の生活では何をいくら減らせるのかチェックしてみることが重要です。

生活費を見直す

家計簿をつけて現在の収入と支出のバランスや内訳が把握できたら、生活費を見直すプロセスに入ります。しかし、なかには「現在の生活で十分切り詰めているのに、これ以上の節約は難しい」と感じる方も多いでしょう。一見、削るのが難しいと感じる生活費も、たとえば電気の契約アンペアを落としたり、必要のない保険を解約したりするなどの方法によって、想定以上の節約につながることもあります。

収入を確保する

生活費の見直しによって支出が節約できたとしても、それだけでは十分な生活資金が確保できるとは限りません。なかには、そもそも年金だけの収入では足りず、貯蓄も十分ではなく不安に感じる方もいるのではないでしょうか。そのような場合には、あらたに収入を確保する方法を見つけなければなりません。

たとえば、すでに子どもが独立し夫婦2人だけで持ち家に暮らしている場合、使っていない部屋もあり広すぎると感じることもあるでしょう。そこで、現在住んでいる自宅を売却し、まとまった生活資金として確保することも一つの方法です。住み慣れた家を手放すのは相当な覚悟が必要であり、夫婦で十分話しあって検討しなければなりません。しかし、夫婦2人で住むのにちょうどよい広さの家へ住み替えることで、十分な老後資金を確保できることも事実です。

もちろん、家を手放すことが難しい場合には、定年後も働き続けるのも手段の一つとして検討しておきましょう。

FPに相談する

家計や老後資金に関する悩みを抱えている方は、FP(ファイナンシャルプランナー)へ相談してみることもおすすめです。老後資金をどのように準備すればよいか、年金や保険に関すること、税金に関することまで幅広く相談でき、専門的な見地からアドバイスを提供してくれます。

ただし、FPに相談や依頼する際には費用が発生するほか、結局は家計簿をつけないと正確性のある判断ができないことも多いため注意が必要です。

楽クラライフノートを活用する

家計簿をつける習慣がなかった方にとっては、毎月の収支を細かく記録しておくのは面倒に感じることも多いはずです。そこでおすすめしたいのが、「楽クラライフノート」を活用する方法です。家計簿に手書きで記録する手間がなく、お手持ちのスマートフォンで手軽に管理できるため、途中で家計の管理が面倒になり挫折する心配も少ないはずです。

また、楽クラライフノートに銀行口座やクレジットカードを連携させておけば、毎月の収入と支出が自動的に反映されます。それだけでなく、現在運用している資産の状況も反映できるほか、将来の資産予測や収支についてシミュレーションできる機能もあります。登録された資産のデータをもとに、今後どのように資産を運用していけばよいかを検討できるため、ぜひ参考にしてみてください。

楽クラライフノートのインストールはこちらから

生活様式を見直しながら老後生活を楽しもう

今回紹介してきたように、多くの方がイメージしているよりも老後の生活にはコストがかかるものであり、すこし暗い気持ちになった方もいるかもしれません。「定年退職後は趣味に没頭したい」と考える方も少なくありませんが、現実には趣味に使えるお金も限られており、日々の生活で精一杯というケースは意外と多いものです。

しかし、楽しい老後生活をおくるためには、まずは現実と向き合い、適切な資金計画を立てることが重要です。手始めに家計簿などを活用しながら、現在の生活費が実際のところどれくらいかかっているか見直してみましょう。そのうえで、削れる生活費がどの程度かがわかると、趣味に使えるお金を増やせる場合もありますので、前向きな気持ちで家計を考えてみてください。


(執筆編集:NTTファイナンス 楽クラライフノート お金と終活の情報サイト編集部 情報は2021年10月19日時点のものです。)

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート

Page Top