セカンドライフをどう楽しむ?老後の生きがいに迷う人への過ごし方も提案

この記事の内容

「楽クラライフノート お金と終活の情報サイト」の読者のみなさんは、お金や家計の面でできる限り負担が少なくセカンドライフを過ごすために情報を集めていらっしゃる方も少なくないかもしれません。

もちろん、お金は生きていくのに必要なものであり、そうした考えをもつのは自然なことだといえるでしょう。一方で、セカンドライフを楽しむという心構えも大切です。

この記事では、そもそもセカンドライフとは何か、充実したセカンドライフの過ごし方などもあわせて解説します。

セカンドライフとは

まずは「セカンドライフ」とは何を指すのか、その定義について解説しましょう。

従来、セカンドライフとは仕事を定年退職した後の人生を指す言葉として使用されてきました。定年制がスタートした昭和初期の定年は55歳でしたが、1980年になると60歳へと引き上げられたため、セカンドライフとは「60歳以降の人生」と定義されることが一般的でした。

しかし現在では、60歳定年制が原則ではあるものの、希望者に対しては65歳まで雇用を確保する義務が企業に課されるようになっています。さらに、定年制を撤廃する企業も出てきています。

このような労働環境の変化に加え、平均寿命と健康寿命が長くなったことにより、明確に年齢を区切って「ここからがセカンドライフ」とはいえない側面があるのです。

だからこそ、個人の働き方や生き方を見直し、自分なりのセカンドライフを定義する必要があります。そして、セカンドライフとして画一的な過ごし方をするのではなく、これまで培ってきた経験や知識をもとに仕事を始めたり、ボランティアをしたりするなど、過ごし方も多様化しています。

セカンドライフを一層楽しむために欠かせない家計のチェック

老後の生活費はいくら必要?余裕ある生活には『月40万円必要』説も」の記事内でも紹介しているとおり、余裕のある生活を実現するためには毎月40万円程度が必要と考える人が多くいます
この基準に従えば、年金や仕事による収入、貯蓄などから月に40万円を捻出できる人であれば、趣味や娯楽などにある程度お金を使っても問題ないといえるでしょう。

しかし、老後に潤沢な資金が用意できなかったとしても、必ずしも落胆する必要はありません。上記の記事でも紹介しているとおり、実際に多くのシニア世帯は赤字の状態であると推測されています

お金の許す範囲内でセカンドライフを楽しむ方法もあれば、歳を重ねることによって不要となる支出を精査し、余裕のできた資金を趣味などに充てる方法もあります。
そのため、充実したセカンドライフをおくるためには、現在の家計をチェックし、資金が捻出できないかを検討してみることが重要といえるでしょう。

老後をどう生きるか迷う人にも知ってほしいセカンドライフの過ごし方

セカンドライフの過ごし方は決して画一的なものではなく、人によってさまざまな楽しみ方があります。しかし、「自分にとってどのようなセカンドライフが向いているのかわからない」と感じるケースもあるでしょう。

そこで、充実したセカンドライフを過ごすためのヒントをいくつか紹介します。

仕事をする

セカンドライフは必ずしも「プライベートを充実させること」だけとは限りません。これまでの経験や知識を生かし、新しい仕事に挑戦してみるのもよいでしょう。

正社員としてフルタイムで働くことは難しくても、パートや嘱託社員として無理のない範囲で働く選択肢もあります。また企業に雇用されるのではなく、自ら事業を立ち上げて会社を経営したり、個人事業主として活動する道もあるでしょう。

新たに仕事を始めることによって、社会とのつながりを維持でき、充実したセカンドライフがおくれるはずです。

シニアの働き方についての関連記事「シニアの働き方とは?おすすめの仕事5選|意味のある老後を過ごそう

ボランティア活動する

報酬を得ることを目的とせず、人のために役立つことで自分自身の生きがいややりがいを見いだすボランティア活動も、セカンドライフの過ごし方の一つです。

街の清掃活動のような一般的なボランティア活動はもちろんのこと、これまで培ってきた専門的な知識やスキルを生かした「プロボノ」とよばれる活動もあります。

さまざまな社会貢献活動を体験することにより、それ自体が生きがいと感じられるようにもなります。

シニアボランティアについての関連記事「新たな生きがいの発見に。シニアボランティアという選択

旅行をする

何十年にもわたって仕事に打ち込んできた方のなかには、まとまった休日をとることが難しかった方も多いはずです。

そこで、セカンドライフならではの楽しみとして、旅行を楽しんでみるのも過ごし方の一つになり得ます。予算やスケジュールにあわせて国内・海外への旅行先を決めるのも楽しみの一つであり、これまで経験したことのない新たな景色に出会えるはずです。

オンライン旅行についての関連記事「今話題のオンライン旅行とは?費用やテーマ別おすすめプランも紹介!

趣味を楽しむ

定年後に交友関係を広げるための方法の一つとして、趣味に没頭するのも有効な時間の使い方となります。たとえば、各自治体で開催されているカルチャースクールのなかで興味があるものに参加してみるのもよいでしょう。

定年前までは仕事関係の人付きあいが中心であったため、会社を退職した途端に交友関係が減ってしまうケースも少なくありません。社会とのつながりを維持しつつ、新たな人脈を広げていくためにも、趣味を楽しむことは有効な方法の一つといえます。

シニア世代の趣味についての関連記事「健康と長生きのために趣味を見つけよう!シニア世代におすすめな趣味を紹介

学び直す

昨今、社会人を対象とした「学び直し」が注目を集めています。学び直しとはその名のとおり、キャリアや年齢に関係なく新たな知識を取り入れるために学習することを指します。

一般的に「勉強」といえば、高校や大学といった学校でするものという認識が定着していますが、新たな知識を学ぶことに年齢は関係ありません。

学び直しによってさまざまな知識が身につくと、仕事や趣味にも生かせるようになり、セカンドライフがより充実したものになると期待できます。

生涯学習についての関連記事「生涯学習とは?シニアにおすすめな種類とメリットを解説

移住する

新たな人生のスタートとともに、長年住み慣れた場所を離れ地方や海外に移住する人も少なくありません。

住む場所を変えることで新鮮な気持ちになり、セカンドライフをスタートさせたという実感も湧きやすくなります。また都市部から地方へ移住することで生活費の節約も期待でき、経済的な面でもメリットがあるでしょう。

ちなみに、海外へ移住するには心理的な抵抗や不安がある方も多いと思いますが、その前段階としてロングステイ(長期滞在)を試してみるのもおすすめです。

海外移住についての関連記事「シニアの海外移住は楽園?注意点とおすすめの国とは

まとめ

仕事から解放された反動で、浪費の末に老後破産に至るのは避けるべきですが、かといって切り詰めた生活を毎日続けるのも精神的に疲弊してしまうでしょう。無駄遣いをせず、切り詰めるべきところは切り詰めながらも、日々の生活において楽しみを見つけることも重要です。

たとえば、近年ではさまざまなサブスクリプションサービスが普及しているように、映画や音楽などたくさんのコンテンツを安価で利用できる時代でもあります。こうしたことも念頭に置きながら日々の楽しみ方を考えてみてはいかがでしょうか。

そして、セカンドライフを楽しむために必要なのは、お金よりも健康であるともいえます。健康でなければお金がいくらあってもできることは限られます。ぜひ、日ごろの健康維持にも努めていきましょう。


(執筆編集:NTTファイナンス 楽クラライフノート お金と終活の情報サイト編集部 情報は2022年4月15日時点のものです。)

終活アプリ『楽クラライフノート』は、簡単に資産管理や自分情報や思いの登録、家族へ情報共有したい方に向けたクラウド型エンディングノートアプリです。自身の現状や思いを整理し、資産・家計をアプリで一元管理。登録した情報は、伝えたい家族に共有することもできます。早めの終活で未来の漠然とした不安を解消し、これからをアクティブに生きることをサポートします。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

『楽クラライフノート』をご利用いただいている方に、おすすめ情報をお届け。自身の現状や思いを登録したり資産・家計管理をしたりするなかで、「専門知識を持ったプロの方に相談してみたい」など自分の終活がうまくできているのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。『楽クラライフノート お金と終活の情報サイト』から、アプリ会員様限定で専門家への無料相談の申し込みが可能です。
また、お得な優待も揃えておりますのでぜひご活用ください。

アプリをダウンロードして
終活で直面する様々なお悩みを解消しましょう
楽クラライフノート

Page Top